盆踊りが若者に浸透しない理由が「ハードルの高さ」なら、「郡上おどり」はその突破口になる

gujo_01_de


※この記事は、『wanderlust』に寄稿した記事を一部抜粋したものです
▶︎本サイト(wanderlust)で読む

 

 

 

本当に美味しい一品に巡りあえば、きっとそれが大好物になる

 

日本には「盆踊ラー」なる人種が存在する。

 

いくつかの盆踊りに参加すると「あのひと、前も別の盆踊りで見たな」という人に遭遇する。盆踊ラーは、そんな、夏になると祭りを渡り歩く、盆踊りをライフワークとする人のことだ。

 

 

かくいう私もそのひとり。盆踊りにハマり始めて今年で6年が経過した。盆踊りにハマった理由は、大体こんな感じだ。

 

「浴衣を着て出かける理由ができる」
「音に合わせて身体を動かすのが楽しい」
「世代間交流が自然に発生する」
「振りが簡単なので学習の快感がたくさん味わえる」

 

……などなど。

 

 

これらは多くの人にとって魅力的な要件のはずだが、盆踊りは若者にとってイケてるアクティビティの座を獲得していない。きっとそれは、「年寄りがやるものだから」「輪に入るのが恥ずかしい」「振りを覚えられない」などの理由からだろう。
私だってハマる前はそう思っていた。でもそれは、美味しいウニを食べたことがない人が「ウニのどこが美味しいの?」と言うのと同じことなのだ、きっと。「美味しい」盆踊りに巡りあえば、きっとそれが大好物になる。

 

そして、多くの盆踊ラーが盆踊りにハマったきっかけとして挙げる、あるお祭りがある。

 

その祭りの名前は「郡上おどり」

 

 

gujo_02-768x512

 

本家は岐阜で開催されているものの、東京・名古屋・京都などでも開催されている。

 

東京の盆踊ラー達は、5月末頃から嬉々として「もうそろそろ郡上おどりだ! 今年の夏の盆踊り開きだぞ!」とはしゃぐ。気になってはいたものの、未だ参加したことがなかった私は、6月の最終週末に東京・青山で開催される「郡上おどりin青山」に行ってみることにした。

 

 

 

2016年の盆踊りが、ここから始まる

 

dsc_0795

 

2日間にわたって開催される「郡上おどりin青山」に私が訪れたのは、初日の18時頃。会場は、銀座線・外苑前駅から徒歩3分のところにある「秩父宮ラグビー場 駐車場」だ。

 

踊り開始から1時間経過後の到着だったため、会場ではすでに多くの人がやぐらの周りに輪を作っていた。小さなやぐらの中には数人の人が座っていて、和楽器のシンプルな演奏にあわせて、こぶしを回し回し音頭を歌っている。どうやらこの会場では、「東京音頭」や「炭坑節」のようなお馴染みの音頭は流れないようだ。初めて聞く音頭ばかりのセットリストに、輪に入ろうとする足がすくむ。

 

そのとき、私の頬に小さなしずくが落ちた。雨だ。どんより曇った空からポツリポツリと降ってきたかと思うと、一気にどしゃ降りへと変わった。それでも人々は、踊ることをやめなかった。

 

 

gujo_04

 

雨が弱まってきた頃、踊りが休憩時間に入った。バラバラとほどける人の輪を眺めていると、ある人物の姿が目に入った。
去年の夏、ある盆踊り会場で、私の手ぬぐいを拾ってくれた老紳士だった。

 

「去年〇〇の会場で手ぬぐいを拾ってくださった方ですよね! 覚えてますか!?」

 

駆け寄って突然話しかけた私に、その方はにっこりと微笑んでこう言った。

 

「これはこれは、あの時の……!」

 

 

 

 

 

===続きは本サイトにて===