編集者なら持っておきたい「本当に使える」無料の画像編集ツール5選

eyecatch_160722_03_m-1310x874


※この記事は、『LIGブログ』に寄稿した記事を一部抜粋したものです
▶︎本サイト(LIGブログ)で読む

 

 

 

こんにちは。エディターの坂口です。まだまだフォトショが使いこなせないので、フリーの画像編集ツールを使い倒しています。

 

最近、画像編集スキルが求められる案件が急激に増えたため、より簡単で確実なツールを求めて取捨選択を行いました。その結果、「最低でもこの5つを押さえておけば大丈夫」と言える無料の画像編集ツールが浮かびあがって参りましたので、この機会にご紹介したいと思います。

 

[目次]

 

 

※本記事は主にmacユーザー向けの内容となっておりますが、ご紹介する5つのうち、「PicGif Lite」以外はwindowsでも利用可能です

 

 

必要な画像編集はこれ一本で大体クリア!「PhotoScapeX」

 

photoscape1

https://itunes.apple.com/jp/app/photoscape-x/id929507092?mt=12

 

大体の画像編集がこれひとつでできてしまうお気に入りアプリ「PhotoScapeX」。mac版とwindows版の両方があります(画像はmac版)。

 

具体的には、

・画像の一括サイズ変更
・比率指定のトリミング
・ファイル形式の変更
・名前の一括変更
・部分モザイク(ブラシで編集可)
・コラージュ(複数枚を一枚の画像に)
・GIF作成
・GIFの再生秒数・ループ調整

 

などができます。

 

実際の操作画面をご紹介すると、

 

picgif3

 

こんな風に、かけたい場所にモザイクをかけたり、

 

picgif4

 

複数の写真を一枚にまとめたり、

 

picgif5

 

GIFの作成がサクサクできたりします。

 

細々したアプリを使うのは面倒なので、これ一本をメインに使い、足りない機能をほかで補う形にすると管理が楽です。

 

UIがとてもわかりやすいので、誰でも簡単に・直感的に操作できます。まだインストールしていない人は、とりあえず使ってみては?

 

 

最近見つけた「PhotoScapeX」のお気に入り機能

 

shinbun

 

最近見つけたお気に入りの機能は、ボタンひとつで新聞の写真のような加工ができるもの。

 

shinbun3

 

「写真編集」の画面から「編集」→右側の編集メニューから「効果」→「新聞写真」を選択するだけ。効果の強度も選択できます。

 

 

 

 

===続きは本サイトにて===