宮崎駿監督原案「うつ神楽」について、ドキュメンタリーコラムを執筆しました

うつ神楽

NEXO東日本が運営するサイト『ドラぷら』内、未知なるスポットを紹介する連載『未知の細道』にて、「異世界の入り口開く、うつの森の神楽舞」を執筆しました。

 

 

今回取材に行ってきたのは、長野県・南信州。
ここは神の棲む里と呼ばれ、神様にまつわる数々の伝説やお祭りが存在します。実はその場所で、あの宮崎駿監督が原案の舞台が上演されているんです。

 

宮崎アニメの世界観はそのままに、スクリーンも画面も隔てず目の前で演じられる舞台は、はじめから終わりまで鳥肌立ちっぱなし。演者の飯田さんの幻想的な和の表現世界とあわさって、「トンデモナイ」作品に仕上がってます。

 

私は、企画、取材(撮影含)、執筆を担当しています。

 

 

 

異世界の入り口開く、うつの森の神楽舞
http://www.driveplaza.com/trip/michinohosomichi/ver24/

 

※魚拓(うまく画像が反映されない)
https://megalodon.jp/2018-0409-1728-24/www.driveplaza.com/trip/michinohosomichi/ver24/