「今すぐTwitterを始めるべき」編集者のみぞ知る、仕事が舞い込むWEBライターの仕事術

writerevent_eye


※この記事は、『LIGブログ』に寄稿した記事を一部抜粋したものです
▶︎本サイト(LIGブログ)で読む

 

 

 

こんにちは。エディターのぐっさんです。

 

「言い方は悪いですが、文章って“誰でも書けるもの”ですよね。それをどうやって“ナリワイ”にしてお金を生み出すのか知りたいんです」

 

これは、9月5日に開催された、ライター勉強会「仕事が舞い込んでくるWEBライターの仕事術」質疑応答でのひとコマ。

 

たしかに、インターネットで誰もが情報を発信できるようになった今、ライターの価値ってどう作ればいいのか、ちょっと考えちゃいますよね。今回の勉強会では、そんな、これからどんどん仕事を増やしていきたい! と思っている、ライター初心者志望者の方を対象に、YOSCA代表とLIGブログ編集長によるトークセッションを行いました。

 

 

約3,000人のライターを抱える「YOSCA」代表とLIGブログ編集長によるトークセッション

 

今回登壇したのは、下記のおふたり。

 

147366526020503700_53

YOSCA代表 宮嵜幸志(みやざき・こうじ)氏
2008年からWebメディアの運営に関わり、2012年にYOSCAの代表となる。現在、約3,000名のライターが登録するビジネスマッチングサイト「フリーライターのよりどころ」を運営。ライターの育成、コンテンツの編集に携わっている。今年8月、メディア7社が参加した「高知よさこい取材キャラバン」で共によさこいを踊った私のソウルブラザーでもある。

 

147366526159380500_16

LIGブログ編集長 渋谷匡志(しぶや・まさし)
編集長になる前は、外部メディア運用チームのリーダーとして、顧客先メディアのコンテンツ制作・編集~マーケティングに携わる。今年8月、5代目編集長に就任。日々、あふれんばかりの情熱と筋力をLIGブログにぶつけている。私の上司。

 

今回は、このふたりがそれぞれに考える「ライターの仕事の増やし方」についてのソロトークと、「正直、ライターっていくら稼げるの?」などのぶっちゃけ対談タイム、質疑応答を展開しました。

 

  イベントの様子は #ライター勉強会 というハッシュタグでTwitterでリアルタイム実況されています。気になるかたはのぞいてみてください。            

スキルをあげる最も有効な手段は「良い編集者と出会うこと」

  ライターにはライターの、小説家には小説家のスキルがある   147366526459457200_76-1310x874  

「求められるスキルは、付き合う会社や書くものによって変わるので、あらかじめ自分がやりたいことをきちんと把握しておくといい」 と宮嵜さんが語ってくれたテーマは、「ライターの種類と必要な能力について」。      

 

 

ライターと一口に言っても、コピーライター、PRライターなど広告系のものから、取材や調査をおこない記事を書くWebや雑誌のライター、コラムニストやエッセイスト、新聞記者、小説家など、その種類は多岐にわたります。

 

「小説家やコラムニストに求められるスキルと、ライターに必要なそれは違います。まずは、自分がなにをやりたいのかを知ることから始まります」

 

 

 

 

 

===(中略)全編は本サイトにて===

 

 

 

 

求められるライターになるには「編集者に気に入られること」!?

 

14736652761822600_45-1310x874

 

続いて、黄緑のTシャツのひt……ではなくて、LIGブログ編集長の渋谷による「使われるライターとは」。渋谷はこれをひと言で、

 

147346201356146400_97-1310x983

 

「編集者に気に入られること」

 

と言い切りました。

 

横暴なように聞こえますが、これってすごく的を射ているんですよね。私も、お気に入りのライターさんが少なからずいて、なにか案件が発生すると、彼らを真っ先に思い浮かべます。普段お世話になっている恩もあるので、条件のいい案件があればなるべくお願いしたいという思いもあります。

 

じゃあ、具体的にはなにをすればいいのかというと、

 

147346201646488500_90-1310x983

 

いいですかみなさん、これは真理です究極、これなんです。

 

それではひとつひとつ説明していきましょう。

 

 

 

 

===続きは本サイトにて===